上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



松浦市の御厨港から、7時50分発のフェリーで青島に来ています。
御厨港から青島まで約20分の船旅です。
湾内には養殖筏が多くあり、そのためなのかフェリーはゆっくりと青島に向かいました。
運賃は500円で自転車は200円でした。

青島で有人島は97島目の自転車での訪問になりました。
島を一周する道はありません。
島の主要な道と島の北端まで足を伸ばしても10キロもなく、景色を楽しみながらノンビリ走っても1時間30分もあれば十分でした。
商店はあるのかはわかりません。
飲料水の自販機は、港付近に何ヵ所かありました。

次は黒島に向かいます。
フェリーが来るまで待ち合い室でノンビリします。



来るまで日本本土最西端の地が神崎鼻だとは知りませんでした。
神崎鼻には寄ろうとは考えていましたが。
県道を走っていると、本土最西端こっちの標識が要所要所に建っているので迷うことはありませんでした。

天気も良く、遠く五島列島も見ることができます。
ノンビリするのにはもってこいの場所です。

これで、日本本土の4つの端、最北端の宗谷岬、最東端の納沙布岬、最南端の佐多岬、そして、最東端の神崎鼻を自転車で到達しました。
他の岬に比べて人が極端に少ないです。


佐世保市内ポタリングと言っても、佐世保駅から岬をいくつか周り、佐々まで走りました。

昨日、仕事を終えて、羽田空港から福岡に着き、博多駅近くのビジネスホテルに宿をとりました。
朝6時前の特急かもめ1号で肥前山口まで、普通列車に乗り換えて佐世保駅に着きました。
佐世保まで、特急みどりで行きたかったのですが、切符を買うのを忘れていて、気がついたら既に売り切れ。
有田の陶器市もあって、発売してから時間が経たないうちに売り切れていたようです。
そんなわけで、肥前山口での乗り換えを選びました。

かもめ1号は白いかもめの車両ではないんですね。
白いかもめだと、ロビーみたいな所があったと思ったので、輪行袋はそこに置こうと考えていたんです。
かもめ1号は、以前特急つばめで使っていた車両でした。
どこに置こうか悩みましたが、車両に入った所に荷物置き場がありました。

肥前山口駅では同年代の方と自転車談義で朝早くから盛り上がっっました。
佐世保駅で自転車を組み立て終えて出発準備をしていたら、珍しい自転車に乗っついますねと声をかけられました。
ランドナーと言う、今ではほとんど聞かない名称まで知っている方でした。

九十九島や色々な岬を楽しんできました。
途中、遠くで雷が聞こえ少ししたら急に気温が低くなってきたので、一雨くるなと思い東屋で休憩していたら、一気に大粒のあめが降ってきました。
体も自転車も濡れずにすみましたが、約1時間足止めされました。
宿に入る前に、もう一つ岬を周るかと思ったのですが、土砂崩れの恐れがあるとかで通行上に。
色々あった一日でした。



日本の最西端、与那国島の西崎に行ってきました。
これで日本の隅っこは、最北端の宗谷岬、最東端の納沙布岬、そして今日の最西端の与那国島の西崎に到達しました。
残りは、最南端の波照間島のみに。
当然、いつかはたどり着きたい。

冬の天気が良い日は、台湾が見えることもあるそうですが、残念ながら今日は見ることができませんでした。
でも、ノンビリとするには良い場所です。
波の音を聞いて、マッタリすることができました。



日本の最西端の島、与那国島を走りに来ています。
与那国島で日本の有人島に92島に上陸したことになります。

羽田空港から石垣空港て、飛行機を乗り継いで与那国空港に到着しました。
空港で自転車を組み立て、しまを時計周りに走ります。
途中、東崎に寄り、現在は軍艦岩の展望台でノンビリしています。

島をまだ三割程度しか走っていませんがアップダウンが続き、予想していたのとは違いました。
天気は薄曇りで日差しがあると暑く感じます。

少しゆっくりして、日本最西端の地を目指します。



昨日走った津堅島の隣の島の久高島を走ってきました。
久高島は知念岬の5キロほどにある、約周囲8キロの細長い島です。
安座間港からフェリーで25分で着くことができます。

神の島と呼ばれる久高島は、島全体が聖域とされています。
琉球王朝の時代から現在まで、新興と伝統が島の人々によって引き継がれています。

今日は旧正月とあって、安座間港には船を待つ人で混んでいました。
高速船は臨時便を出して対応していました。
自転車も高速船に乗せることができるそうですが、満員で出る高速船に積むことはできませんね。
10時のフェリーで久高島に向かい、約2時間かけて島を一周してきました。
沖縄本島とは違うような海を楽しめました。



那覇市内で車を借りて、平敷屋港まで一時間強。
駐車場で、自転車を組み立て11時のフェリーに乗り、約30分で津堅島に到着しました。
島にはレンタサイクルもあるようですが、やはり自分の自転車で走りたいものです。
自転車の運搬賃らは、片道200円でした。

津堅島は周囲8キロほどの島で、キャロットアイランドと、呼ばれています。
島の土壌がニンジンなどに適しているそうで、多くの畑でニンジンが栽培されていました。

島はゆっくり走って2時間で一周することができました。
観光案内板は少ないので、島に来る時はインターネットで調べてからの方が良いと思います。
港でも、簡単な地図のコピーも置いてありますが。

夏のシーズンには海水浴客で混むそうです。
昔使っていた灯台跡も残っていました。

15時のフェリーまで少し時間があるので、待合室の畳に横になって待っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。