2016.12.04 沖永良部島



沖永良部島を自転車で一周してきました。
昨日、与論島から飛行機で沖永良部島に着き、空港から知名町まで走り、今日は残りを走りました。

沖永良部島は与論島に比べて都会だと言うこと。
都会と言うのは、かなり言い過ぎだと思いますが。
まず、島には二つの町があること。
信号機がいくつもあること。
警察署があること。
大手のドラッグストアがあること。
等々です。

でも、与論島に比べて知名度が低いですね。
昨晩行った飲み屋さんの話しだと、何年か前まで島の二つの町が別々に観光用のパンフレットを作っていたそうです。
島のアピールが下手だと言っていました。

今回は海岸沿いに走りましたが、まだまだ見所もあるようです。
もう少し、のんびりするのも良いかも。

次はどこを走るか考えながら帰路につきます。
スポンサーサイト
2016.12.03 与論島



昨日から与論島に来ています。
昨日は、島の外周を時計周りに4分の3周し西区の宿まで走りました。
今日は残りの4分の1を走り、与論島を一周達成です。
時間があったので、バスが走る周回道路も一周してきました。

与論は多くの砂浜で、海の青さを満喫することができました。
ウィンドサーフィンを楽しんでいる方もいましたよ。
残念ながら雲っていて星空を楽しむことはできませんでした。

島の色々な所に、番号が書かれた標柱があり、港でもらった地図とリンクしているので、迷うことはありませんでした。
多少のアップダウンがありますが、快適に走ることができます。

空路で沖永良部島に移動しました。
次は沖永良部島を一周します。
2016.12.02 ヨロン駅


与論島に来ています。
僕のマブダチの自転車と一緒に。
総務省のホームページに掲載のある1平方キロメートル以上の島への自転車での訪問が61島目になりました。

那覇からフェリーで来て、フェリーターミナルで島のパンフレットをもらいました。
ボーっと見ていたら、ヨロン駅と言う文字を見つけました。
小さな島に道の駅か海の駅かと思い寄ってみると。

以下、案内板から引用しました。

与論島には国道はありませんが、鹿児島から沖縄まで国道58号線が海上を通っています。この海上の国道58号線を海上鉄道と考え、1979年にヨロン駅を建設しました。
レールの一部と車輪は、当時の鹿児島鉄道管理局から頂いたものです。
当時は、有村運送店にJR九州の代理店契約をしてもらい、記念切符の販売をして頂いておりました。
この記念切符は、実際鹿児島駅で使用しる事が出来ました。
現在では、その記念切符は販売しておらりませんが、近い将来、夢の鉄道が開通した時には、是非ご購入をお願い致します。
それまでは、天の川銀河本線ヨロン駅から流星号に乗車して、満天の星空の旅をお楽しみください。

原文、ここまで。

思わず何度も読んでしまいました。