FC2ブログ



札沼線の終点だった新十津川駅にも寄ってきました。
札沼線の記念品を売る、お店もあるようですが、着いたのが17時を過ぎていたので、既に閉まっていました。
何を売っているなかな?

新十津川駅では待合室に入ることができました。
駅長犬だった、ララちゃんの在りし日の写真もありました。

札沼線には40年位前に乗ったことがあります。
もう記憶には無いのですが、新十津川駅から滝川駅まで歩いた記憶があります。
札沼線沿線を回りながら、昔の事を思いだそうとしながら走っていました。
スポンサーサイト






浦臼町の中心の駅だった浦臼駅。
ふれあいステーションとして、現在も住民の方の憩いの場所になっているみたいです。
町の歯医者さんも入っています。

待合室の壁にはバスの時刻表のほか、札沼線や町のポスターも貼ってありました。
中央バスのバス停もありました。
滝川駅まで一日5本、土休日は4本でていまはす。
現在は新型コロナの影響で一日1本、それも浦臼駅発7時のみの運転です。



晩生内駅に入る交差点も、まだ晩成内駅前交差点。
この駅も、駅名の看板もありません。

待合室にも鍵がかかっていて入ることはできませんでした。
外から中を覗いて、雰囲気を味わう程度さた。

往来の多い国道近くにあるので、車の音が気になります。



石狩月形駅の次は札比内駅に寄っています。

国道にあるバス停は、札比内駅前。
列車が来ないのに、住民の方には親しみがあると言うことでしょうか。

駅舎には入ることはできませんでした。
駅名も外されていて、知らない人からすれば、何かの小屋がある程度かもしれません。
ホームに上がる階段には通行止めの柵が。
この駅もレールは撤去されていません。

石狩月形駅も札比内駅も綺麗なトイレがありました。



この春に札沼線の一部区間が廃線になりました。
その廃線になった区間にある石狩月形駅に来ています。

待合室は地域の方が掃除等をされているのでしょうか、とても綺麗でした。
待合室には札沼線のポスターや寄せ書きが飾られまついました。

改札口から外に出ると、ロープが張られていて、ホームに出ることはできません。
駅名の表示板は撤去されていますが、レールはまだ撤去されていません。

観光客でしょうか、鉄の方なんでしょうか、何人ものお客さんがこられています。
列車の駅として使われてた時よりも、お客さんが多いかも。
何か不思議な感じがします。

利用客が少くなり経営が圧迫されているので廃線は仕方がないのでしょう。
民間企業なんですから。
何で国鉄のままにしておかなかったのか。
利益が出るのは民間でやるのはわかりますが、赤字事業でも必要な物は役所がやるべきだと勝手に思っています。
水道事業のように。
2020.06.29 南大東島


星野洞で観光客をやった後は、空港に進路をとりました。
ちなみに、星野洞は僕独りだったので、ノンビリでしました。

空港に向かう途中、バリバリ岩や本場海岸に寄ってきました。
本場海岸からは、昨日走った北大東島を眺めることができます。
海の色も綺麗で時間が経つのを忘れてしまいそうです。

星野洞からは薄い雲も完全に無くなり、快晴に。
そして、すごく暑く。
海を見ながら、体温調節をしている感じでした。

北大東島と南大東島の道路は整備されていると言っても、所々大きな亀裂や赤土が流れ出ていたり、石や貝等が散乱しているので注意が必要です。
ロードだとパンクの心配が高いと思います。
島のドライバーさんは、自転車を丁寧に追い越してくれます。
狭い道だと僕が譲っても、先に行けと相津してくれます。

南大東島には車に跳ねられたのか、干からびたカエルが沢山いました。
これが一番嫌だったかも。



南大東島の観光名所の一つ、星野洞に寄ってきました。

入洞料は800円で、入口とは別の建物で支払います。
タブレットを借りて、簡単な説明を受けて入洞します。

鍾乳洞には何ヵ所か行ったことがあるのですが、他の鍾乳洞とは比較するのは難しいと思うのですが、かなり良いです。
洞窟自体の大きさは、福島の阿武隈鍾乳洞や山口の秋芳洞に比べられない位小さいですが、鍾乳石がギッシリ詰まっているって感じでした。
言葉にするのが難しいですね。

急な階段の上り降りや、湿度が約100%な点が難点ですが、これは仕方がないことですね。